デンマンさんの生態研究 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-28デッドリンクだらけ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

tanomu20090928

http://beaverland.web.fc2.com/index.html

デンマンさんのビーバーランドネットという

サイトなのですが...

デッドリンクばかりなんですよね。

アイコンクリックしても、

”404 File not found”ばかり表示されます。

デンマンさんともあろうお方が、

自分サイトメンテナンス

怠っているとは、驚きです。

そもそも、デンマンさんは

たくさんのブログを持っておられますが、

それらの全てが、まったく同じ内容だということも、

タノムの目から見れば、

コピペ馬鹿だとしか思えません。

毎日更新すればいいというものではないでしょうに...

ネタも使い回しです。

読者は一体、何度同じ文言を読まされるのか...

そして、デンマンさんのブログの登場人物である

小百合さん」と「めれんげさん」

彼女らの存在抜きに、

デンマンさんのブログは、

成立しないでしょうね。

つまり、彼女たちは格好のブログネタとして

利用されているわけです。

以前からデンマンさんに注目してきたタノムには

大きな疑問があるのです。

それは、デンマンさんの云うところの

「素晴らしい人たち」が、

ここのところ、全くなりをひそめていることです。

憶えているかぎりですが、

めれんげさんを、激しく糾弾していた「ふじこさん」

やや穏健派の「メラングさん」

日和見的な「みゆきさん」

その他数人の取り巻きに、

デンマンさんは関わっていたように思えます。

いや。

ずばり言いましょう。

上記の取り巻きは、すべてデンマンさんの

脳内で造られた非人格なのでしょう。

デンマンさんは、めれんげさんを非難するために、

多くの仲間が必要だったのです。

そして、「レンゲフォーラム」なるものを

立ち上げて、めれんげさんのパロディである

レンゲさん」というキャラクターを作りました。

それは、めれんげさんを個人攻撃するための

緩衝的なキャラクターだったのです。

レンゲさんを攻撃することは、

めれんげさんを攻撃することとイコールだったのです。

デンマンさんは、レンゲさんを架空の存在としています。

それは確かにそうでしょう。

めれんげさんを直接攻撃するのを、

避けるためだったのですから。

理解できないのは、デンマンさんがなぜ

あのように、めれんげさんに固執するのかということです。

めれんげさんの気持ちは、いずれタノムが

メール等で伺ってみるつもりです。